腎臓病の食事制限は宅配食を利用するのが賢い選択だ!

薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題でしょう。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて似つかわしい治療をうけることも先決ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長期間にわたり腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能回復が期待できます。慢性腎不全については、その特長により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムが含まれています。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品における蛋白含有量をしりたければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。ご飯療法については、栄養士に教えて貰いながらいろいろと工夫してやっていけます。仮に開業医さんにご飯指導をうけ付けて貰えなかったら、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康な人と同じように生活することが可能です。ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、医療機関を受診しましょう。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、病態の回復までとはいかずとも、遅らせたりすることが可能です。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、これまでの透析療法や移植とは別にさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の希望に沿った治療を選ぶことが期待できます。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓は糸球体という小さな血管があまた密集している場所でもあります。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、または、赤血球をつくるホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談してください。一日のご飯の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分をしらべることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。参考にしたサイト>>>>>腎臓病 食事 宅配 口コミ